創立記念日のため7月16日(火)7月17日(水)は休診いたします。ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

内科

気管支喘息

気管支喘息とは

気管支喘息は、自覚症状に関係なく常に気道に炎症があります。このために気道が狭く空気が通りにくくなっています。炎症がおこっている気道はとても敏感になっています。正常であれば、なんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも、繰り返し起こる呼吸困難、咳、喘鳴を特徴とする疾患です。

慢性的な気道炎症の原因は各種のアレルゲン(アレルギーの素)、ウイルス、喫煙、大気汚染や遺伝的なものと考えられています。

検査や診断について

「スパイロメトリー」「ピークフローメーター」「血液検査」「胸部レントゲン検査」「心電図検査」などを行います。

治療方法について

吸入ステロイドをベースにし、LTRA:ロイコトリエン受容体拮抗薬、LABA:長時間作用型β2刺激薬、テオフィリン徐放製剤を重症度に応じ追加していきます。発作時には吸入SABA:短時間作用型β2刺激薬を使用します。呼吸困難が消失し、体動・睡眠・日常生活が正常である状態を治療の目標とします。

 

関連記事